シリコン・ノンシリコンの違いとは?|さくらの森シャンプー

シリコン・ノンシリコンシャンプーの違いって?!

テレビCM等で当たり前のように耳にするようになった
「ノンシリコンシャンプー」。

 

CMで使われる事が多いからきっと良い物なのだろう、
そんな風になんとなく理解していないでしょうか。

 

さくらの森シャンプーで髪さらさら

 

ノンシリコンシャンプーとシリコン入りシャンプーとの違いを理解すると
今まで何気なく行っていたシャンプー選びが変わるかもしれません。

 

スーパーやドラッグストア等で目にする機会の多いシャンプーは、
その多くがシリコン入りシャンプーとなっています。

 

このシリコンとは髪の毛をコーティングするために配合されています。

 

シャンプー後の髪はキューティクルが開いた状態で
少しの摩擦にも弱くなっています。

 

それをシリコンでコーティングする事で守っているのです。

 

良い点ばかりのような気もしますが、
何故ノンシリコンが注目されているのでしょうか。

 

実はシリコンは髪の毛だけでなく、頭皮に付いたり、
毛穴を塞いでしまったりする事があります。

 

基本的には十分なすすぎを行っていれば問題はありません。

 

しかしシャンプー後にトリートメント等を行っても
髪の毛に浸透しないというデメリットもあります。

 

そのため、より自然なノンシリコンの方が
髪の毛に良いという事で話題となったのです。

 

ただし、ノンシリコンにも注意が必要です

ノンシリコン注意点

 

高品質のノンシリコンシャンプーであれば
様々な有効成分が配合されており、髪の毛を保護する機能が働いています。

 

ところがリーズナブルなノンシリコンシャンプーの中には
シリコンではないけれど、限りなく近い成分を配合しているケースがあります。

 

低価格でも指通りの良い仕上がりにするために
似たような成分を配合しているのです。

 

これではノンシリコンの意味がありません。

 

髪の毛によって本当に良いシャンプーを選びたいというならば、
ノンシリコンであると同時に自然由来の成分のみを
使用しているものを選ぶのが一番だと言えるかもしれません。

 

そして、そのひとつがハーブガーデンさくらの森シャンプーです。

 

ハーブガーデンさくらの森シャンプーの販売店・楽天とアマゾン

 

⇒さくらの森シャンプー 半額キャンペーンはこちら